DIARY

15年間、ありがとうございました。

平成14年の春、旅館のフロント業務をしていた松山さんと出会い、平成18年にえぶりしんぐにきてくださってから15年。

今日は、松山さんと最後のお別れをしてきました。

 

松山さんは、いつもいつも本当にいろいろなことを教えてくれました。

それを思い出すたびに松山さんの声が聞こえてきます。

そして松山さんとのお別れは、時間が経てば経つほど私に沢山のことを教えてくれています。

これは松山さんからのメッセージだと受け止めて、後悔しないようにこれから生きていきます。

ブログを書いていたおかげで、こんな懐かしい写真つきの日記を親族の方にお渡しすることができました。

きっと松山さんが志摩で楽しんでおられた様子を伝えることができたと思います。

 

松山さん、今まで15年間、私たちを助けてくださり本当にありがとうございました。

関連記事

PAGE TOP