DIARY

自粛期間延長

長女がペンタブで初作品↑

姉妹にねだられたペンタブをそれぞれに買って、お下がりMacを使ってもらって、いつか美術画集のような本を作りたい!
わたしの楽しみがまた増えました。家にいることが全く苦でないこどもたち。

いろんな人の立場を思うと、わたしもこの自粛延長が必要かどうかの本音は言えないですけど、やっぱり人の命がかかっているので今は我慢の時なのではないかと。コロナに命を奪われるのは絶対に悔しい!
仕事を失ったから・・とかお金がないからって自殺するのも本当に悔しい。
私自身20年前くらいに八方塞がり状態になって、居場所がなくなったことがあって、父親が「自殺するんじゃないか・・」と母に心配をもらしたそう。自殺する勇気があるくらいならなんでもできるよ。お金があっても苦痛な毎日を送るほうが生きてる意味がないと思う。何か方法を見つけてやり直すしかない。もがいてもがいて。死んだらそこで全て終わってしまうし、天国から残ったひとの悲しみをみたら死んだことをきっと後悔する。死ぬ気で乗り越える!そんな言葉はこういうときに必要だと思う。

これまで仕事や人間関係のことで共感しあえない人に対してずっと苛立ちを抱えていて。でもこの長い自粛期間があるおかげで冷静に自分のやりたくないことや付き合いたくない人とかの線引きが明確になってきて、これからはいやなことは「いや」と言えるように過ごしていけば苦痛なことが減って、楽しいことが増えるんじゃないかと、そういう転機のときなのかもしれないなって思ってます。

関連記事

PAGE TOP